長女の四谷大塚の「全国統一小学生テスト」を受けました

中学受験

 

こんにちわ。ピ輔です。

 

長女は中学受験を塾に通わずに家庭学習で頑張っています。

何も長女はすごく優秀なわけではないです。

できれば、ある中堅女子校に合格して、ある部活をやりたいというのが本人の目標で無理せず、しかし頑張って合格することを目指しているからです。

 

スポンサーリンク

公開テストを受ける訳

 

受験勉強そのものは家庭学習でもいいのですが、模試だけは家庭学習では再現は難しいです。

 

特に試験そのものの雰囲気や、まわりにライバルがいる環境については家庭学習では感じ取ることのできないですよね。

 

そういうこともあって中学受験までに十分、試験の雰囲気になれるために何回か進学塾の公開テストを受けることにしています。

できれば、正確な偏差値を把握するために同じ進学塾の公開テストを受けたほうがいいので、長女の場合は日能研のテストを中心に受けることにしています。

 

末っ子は家庭学習で中学受験(6年生4月の模試)

 

ただ、悪い意味でテストに慣れてしまうのも怖いので、長女の実力にあっている他の進学塾の公開テストも1,2回受けることにしました。

 

で、選んだのが四谷大塚の「全国統一小学生テスト」です。

他の関西の進学塾のテストも考えたのですが、長女の実力からするとあまり点数をとれそうにないので、練習になりそうにありません。

あと、無料なので家計に優しいです。

ただ、回答はマークシート式なので、それが良いのか悪いのかは微妙です。

 

と、いうわけで6月の初旬にこのテストを受けました。

 

 

テストの結果は

 

テストの結果ですが、テストを受けた日に長女が自己採点していましたのである程度の点数はわかっていましたが、正直なところあと一歩という成績です。

 

国算理の3科目で受けたのですが、国語と理科は偏差値でいうと55前後でしたのでまずまずでしたが、予想通り算数が良くありません。

他のお子さんが点数を取っているというのもあるのでしょうが、偏差値が40を切っていました。

 

算数が苦手というのは本人もわかっているとは思うのですが。。。

問題の後半は全滅状態なので全く点数が伸びません。ちなみに理科も計算問題のところが足を引っ張っているので、算数的な考え方がまだまだできていないようです。

 

前回の日能研のテストも算数が特に悪かったので、それ以降、算数の勉強のウエイトを上げて基礎から振り返って勉強するようには言っているのですが、家では決まった時間集中するのが難しいようでまだうまくっていない感じです。

 

今回のテストを振り返って再度、算数の勉強のウエイトを上げようねと話はしておきましたが。。。

 

 

 

親として心配なのは、得点バランスが崩れていることです。

偏差値だけを見ると、合格圏に入っているように思うのですが算数が悪いことを考えると入学してから数学で苦労することが見えています。

もう少し、算数の力を上げておかないと。。。と思っています。

 

 

いつも最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました