新型コロナによる臨時休校の影響。9月入学・新学期ってどう思います?

中高一貫校通学日記

こんにちわ。

 

2020年の春です。

世間は新型コロナの影響が今も続いています。

 

3月の初めから臨時休校になった中学3年生の次男と中学2年生の長女はそれぞれの卒業式、終業式の後にそのまま春休みに突入し、臨時休校がなんども延長されました。

 

4月に入ると政府が非常事態宣言を出すことになり、それに沿って学校はGW前後まで臨時休校、更に5月にはその非常事態宣言も延長され、いつになったら学校再開になるのやら。。。家族みんな不安な毎日です。

 

 

スポンサーリンク

学校を9月入学・始業にする話が出ています

 

そんな中、いろいろな方が9月入学・始業について議論をされています。

 

要は学力格差をなくすため、学校教育?の国際化を促すため9月始業がいいんじゃないか?と。

9月入学・始業のメリット・デメリットをNHKのネットニュースで見てみました。

 

まずはメリット。。。

(1)学力保障
「今回の事態で本来4月から学ぶべき内容が十分学習できていない。9月からのスタートに切り替えれば、改めて最初からしっかり学ぶことができ、遅れを補うことができる」

 

たしかに。。。学力保障の対応は必要だということは理解できますよね。

でも。。。9月以降に今の状態のままでまた、新型コロナが猛威を振るい再度、臨時休校になるリスクはありますよね?

そう考えると時期をずらすことが学力保障になるのかどうか、しっかり国には見極めてほしいですよね。

 

(2)国際標準に近づく
「海外では秋入学制度の学校が多い。日本も同様になれば海外の学校への接続がしやすくなり、留学などグローバルな学びが充実できる可能性がある」。

 

これ、正直ピンときません。(笑)

一部の優秀な大学生と偏差値の高い大学の話ではないかと。。。

 

 

 

一方、デメリットですが。。。

 

(1)入試
「7月や8月など夏の時期に、高校入試や大学入試を行う必要性があるが、十分に対応できるのか。すでに通常どおりの入試スケジュールで、受験の準備を進めている生徒や学校などは混乱が予測される」

 

冬の時期は雪で列車が遅れる。。。なんてこともありますが、夏のこの時期は台風とぶつかる時期なのでどうでしょうね。。。

一方で、9月入学の時期もやはり台風で臨時休校になりやすい時期なので心配です。

 

(2)家庭の負担増、採用時期見直し
「学生は社会人になるのが半年分遅くなるので、家庭では子どもを扶養する期間が長くなり、その分負担が増す可能性がある。企業も、今の一括した春の採用時期を見直さなければならない」

 

家庭の負担が大きくなるのは痛いですね。

企業の採用については、どうなるんでしょう。。。

 

(3)幼児教育との接続は
「幼稚園の入園や卒園も半年ずらすのか、検討しなければならない。幼稚園教育の内容は、学習指導要領で定められているが、幼児期の発達や年齢に応じたものに見直すことができるのか。保育園の場合、今よりも小学校入学までの半年分、子どもを預かる体制や予算を確保しなければならない」

(4)切れ目ない教育可能?
「今の教育は、幼稚園から大学まで、ギャップが生じないよう、切れ目のない仕組みになっている。1つ変えようとすると、すべての学校、教育段階に影響が出る。変更は容易ではないと思う」

 

確かに当初、数年間は大混乱するんじゃないかと思ってしまいます。

ですが。。。そのあとは少しづつ定着するんでしょうね。

 

(5)学校の運営
「私立の場合は、授業料の支払いで経営が成り立っているが、9月入学になると、支払いが後ろ倒しになり経営が危うくなる学校も出てくるのではないか。国公立や私立ともに学校への補償も検討が必要だ」

 

ちなみに今のところ、うちの子供たちは普通に学費が引き落とされています。

長男の国立大学も普通に引き落とされていますよ。(笑)

 

 

個人的に気になることは

 

9月入学・始業のメリット、デメリットやっぱりいずれもありますね。

 

一方、個人的に思うことですが。。。

やっぱり一番心配なのは学費です。

 

うちの場合は3人ともが未だ学生ですので、この4月からの入学金や学費は既に払い込んでいます。

このまま9月入学なんて話になれば、半年分学費を余分に払わないといけないことになりそうで。。。どうなるのか気になっています。

 

その一方で、学校行事についてはできるだけ中止にせずにどこかのタイミングでやってほしいなぁと思うのですが。

せっかく中高一貫校に入ったのでできるだけ、学校生活を満喫してほしいです。

 

あと、9月入学って日本人の季節感にあうのかな?という心配もあります。

日本の四季ははっきりと意識できるぐらいそれぞれが異なる風景を持っています。

冬ごもりをしていた生き物が活動を始める春が新しい生活を始めるイメージによく合うように思います。

どうでしょうか?

 

また、夏は多くの部活の大切な大会やイベントがあり、学生生活の集大成となるはずなのですが、7月頃に卒業ということになるとどうなんでしょう?

1回分の夏休みが中学と高校、高校と大学、大学と社会人の節目になってしまいなんとなく、違和感を感じるのですが。。。

 

実際のところ、どうなるかはこれからは有識者の方々を中心に議論をされるのでしょうが、考えれば考えるほど簡単には決められない課題のように思えますね。

 

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました