新型コロナで臨時休校中。何もかもがオンライン。

中高一貫校通学日記

こんにちわ。

 

2020年の春です。

世間は新型コロナの影響が今も続いています。

 

3月の初めから臨時休校になった中学3年生の次男と中学2年生の長女はそれぞれの卒業式、終業式の後にそのまま春休みに突入し、臨時休校が何度か延長されました。

大学生の長男もそれは同じで、大学の場合は下手をするとこのまま夏季休暇に入ってしまいそうな雰囲気です。

 

4月に入ると政府が非常事態宣言を出して、臨時休校もかなりの期間になりました。

5月の中旬になってやっと感染者数の増加も徐々に減ってきて、徐々に日常を取り戻せるかな。。。と思えるようになってきたところです。

 

 

スポンサーリンク

Web会議とオンライン授業

 

とはいうものの気を緩めすぎてはいけないのも事実。

ぼくの会社は今のところ在宅勤務が延長されています。

 

在宅勤務や自宅待機が解除になった会社もあるようでが、ぼくのまわりは相変わらず在宅勤務の会社が多く、お客さんとの商談も社内会議も、打ち合わせも何もかもがWeb会議です。

 

ちょっとした打ち合わせでさえ、Web会議になることが多くて1日中、Web会議をやっている状態です。

このweb会議っていうのが相手の表情や会議の雰囲気が掴みづらく、音声も聞き取りにくいこともあるため、結構疲れます。(笑)

 

似たような状態がうちの子供たちのオンライン授業なんだろうな。。。と。

 

 

 

次男と長女の学校は入学時にiPadが支給されていることもあり、早々にオンライン授業になっています。

当初は、録画した映像を見ながらの映像授業と、教材データのやりとりだったのですが、最近はリアルタイムのオンライン授業も始まっています。

 

オンライン授業と言っても完全な双方向。。。というわけではまだないようですが。。。(笑)

 

オンラインでのホームルームも始まったようなのですが、先生も生徒も慣れていないこともあって、口数はまだまだ少ないみたいですね。

 

次男が言うには、

 

生徒の中にはネットワークの障害なんかもあって、参加できない人もいたりする。

 

とのことなので、本格的に実施するにはいろんな面で課題があるようですね。

 

 

 

更にはオープンスクールも

 

臨時休校が続く中、やっぱり一番やきもきしているのは、高校3年生、そして中学3年生でしょうか?

 

高校3年生に限らず高校生はこの時期、大学のオープンキャンパスに行ったりするのですが、今年はそれも続々と中止になっています。

 

普段の状況であれば、うちの次男も高校1年生なのでいくつかのオープンキャンパスを見に行こうという予定になっていました。

いくつかの大学のホームページに行ってみると、軒並みこの時期のオープンキャンパスは中止、または延期になっています。

ですが、どの大学も何もせずに手をこまねいているわけではありませんね。

 

Web会議やオンライン授業と同じく、Webオープンキャンパス、デジタルオープンキャンパス。。。そういったものが開催されているようです。

本当なら、実際に大学に行ってその雰囲気を肌で感じられるといいのですが、今は難しいですよね。

そんな中で、大学ができる精いっぱいの取り組みと言えるでしょうか。

 

うちの次男にも、

 

いくつかの大学をネットで見てみたら?

 

とアドバイスしています。

 

そして、こういった取り組みは大学だけではありません。

私立の中学校のホームページを見ていると、多くの学校でオンラインでのオープンスクールを実施しているところが結構、あります。

 

学校の9月入学。。。なんて話もありますが、今の状況では予定通りに中学入試に向けて学校も受験生も準備していかざるを得ません。

 

これから志望校を決める大事な時期でもあるわけで、できる限り毎年行っている行事はなんらかの形で実施していこうということでしょうね。

 

新型コロナは収まりつつあるように思えますが、生活の多くの部分が新しい生活様式に変わっていくような気もします。

 

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました