販売店とのトラブルで考えてしまった。ネット全盛の時代、新聞は必要なのかな?

ひとりごと

こんにちわ。

 

ニュースソースの1つとして、重要なものに新聞があります。

最近はネットの発達で、新聞をとる人は減ってきているとか。

日本新聞協会の統計でも2000年からの18年間で契約数は2割ほど減っているようです。

 

うちは今のところ新聞を配達してもらっています。

1つの理由はいろいろとチラシが入っていること。

まぁ、新聞を購読する理由としてはとっても邪道ですね。(笑)

 

もう1つの理由は子供の中学受験や、学校での授業に役立つかもしれない?と思っていたから。

以前は子供の読解力を鍛えるために、こんなこともしてみたり。。。

 

次男と長女の国語の読解力をちょっと鍛えるために、新聞のコラムを利用してみることにしました。
こんにちわ。 春になりました。 昨年、中学に入学した次男は中学2年。 そして今年は長女が中学に入学します。 日本語力に若干の不安がある次男 長男は国語(現国)は得意なのでいいのですが、次...

 

 

そんな、新聞ですが実はあるトラブルがあって、購読をやめようか、どうしようかと考えてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

新聞販売の奇妙な商習慣

 

ここ1,2か月ほどの話ですがうちの郵便受けには2種類の新聞が配達されてきています。

 

仮にA新聞とB新聞とします。

この2年ほどはA新聞を取っていたのですが、その前にとっていたB新聞が最近配達されてきています。

 

正直、最近契約した覚えはないので放置していたのですが、B新聞の集金員がしれっと集金にきて、ぼくはそれが気に入らず、追い返しました。

 

すると翌日、B新聞の販売所の営業マンがやってきて、事の成り行きを確認することになりました。

 

それによるとどうも2年前に嫁さんが、2年後の契約をしたというのが営業マンの言い分です。

2年前というとB新聞からA新聞に切り替えた時期。

 

営業マンは契約書(と言っても、契約期間に署名・捺印が入っているだけ)の写しも持ってきていたので、2年前にそういった話があったのかもしれません。

 

ですが。。。B新聞の契約開始時期がとってもおかしい。

当時、嫁さんがA新聞の契約が終わったら、B新聞に戻すという話をしていたようですが、そうだとしても2つの新聞の契約期間が4か月もだぶっていいます。

 

そんな契約、大して新聞に興味のない嫁さんがするわけもなく、お互いの言い分は平行線。

2年も前のことなので本当のところはわかりません。(笑)

 

それはそれとして、よくよく聞くとA新聞も10年ほど前に8年後の契約をしてくれと来て、断り切れずに当時、嫁さんはA新聞にしたんだとか。。。

 

そんなあほな契約がまかり通るの?

 

と呆れるぼくにB新聞の営業マンは

 

それは、この業界の常識なんで。。。

 

って言われたときは絶句しました。

 

 

 

新聞の必要性って?

 

今の世の中、信頼性についてちょっと許容できるなら、ネットで様々な情報を得ることができます。

しかも新聞よりも、場合によってテレビよりもネットの方が速報性が高かったりします。

 

更に新聞の広告についてもスーパーのチラシなんかは、ネットで見ることもできます。

もっと言うと、新聞もネット購読できる時代になっています。

 

うちのように新聞をあまり読まなくなった家庭では、紙で配達される新聞の必要性はどんどん低下しています。

 

それに加えて、この常識からは考えにくい契約についての商習慣。

それを今も平気で消費者に押し付けてくることに違和感を感じてもおかしくないですよね?

 

少なくともぼくの常識からはかけ離れた商習慣です。

 

更にネットで調べてみると、

 

新聞販売の業界では、契約期間が切れた後もなんの断りもなく新聞を配達してくる。

非契約者が3日以内に契約が切れていることを指摘しないと、勝手に契約更新とみなす。。。

 

なんて販売店もあるらしいです。(もちろん、契約書はないので断ればいいのですが、モメること必至。)

 

そんなわけで、さて、新聞屋さんとの付き合いをどうするか。。。

 

まぁ、新聞はやめても特に困らないのでやめてもいいかなって思っています。

 

B新聞に対しては、この2か月分は新聞代を払って、すっきり決別でもいいと思っています。

後腐れのないようにA新聞は契約終了日ぐらいに「もう入れないで」と連絡もします。

 

そして、いろいろ考えたうえで出した結論。

 

新聞屋さんとは今後、一切、契約を交わさないということにしました。

 

その上で、契約書なしでB新聞さんに新聞を配達してもらうことに。

毎月末の集金はちゃんと払うので、それでいいか?と。

新聞をやめたくなったら、営業さんか販売店に連絡を入れて、配達をしてもらうのを止める。

 

そういうことにしました。(笑)

この条件を新聞屋さんが呑めばの話ですが。。。

 

子供らが全員独立するまでは、新聞があってもいいかなと思う気持ちもあるので妥協案です。

 

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました