新型コロナ。臨時休校の中、次男も長女も遠隔授業が始まります。

中高一貫校通学日記

こんにちわ。

 

2020年の春です。

世間は新型コロナの影響が今も続いています。

 

3月の初めから臨時休校になった中学3年生の次男と中学2年生の長女はそれぞれの卒業式、終業式の後にそのまま春休みに突入。

そして制限付きですが部活が再開したのも束の間、今度は入学式、始業式後も臨時休校が延長になることが決まりました。

 

政府が非常事態宣言を出すことになり、それに沿って学校はGW前後まで臨時休校になりました。

 

 

スポンサーリンク

隔授業が開始されます

 

本人はどう思っているかはともかく、親として心配なことのひとつに授業の遅れがあります。

 

今のところゴールデンウィーク明けに再開されることになっていますが、それも確実ではありません。

むしろ、状況によっては臨時休校は延長されるかもしれないわけで、それではますます授業の遅れが深刻になっていきます。

 

多少は課題が学校から配信されてきますが、今のところ十分な量とも言えません。

本来なら始業式のある日も臨時休校となり、まったく登校しない日々。。。

 

そんな状況になったので次男の学校も長女の学校もできるかぎりのことをするということで遠隔での授業を開始することになりました。

 

 

 

まずは次男の学校。

今週からは、朝礼のかわりに8時半ごろに Google クラスルームで連絡があり、Google フォームで健康状態などを報告するんだとか。

そして、平日午前中は、スタディサプリを活用して勉強しているようです。

加えて、Google クラスルームやメタモジを利用して指示・指導があるとか。

初日は、メタモジのサーバーがパンクしたみたいです。

多くの学校がこの時期、利用しているんですね。(笑)

 

そして、午後はの自学ということで、課題や各自の自主的な学習の時間。

午前中の授業で分からなかったところの質問なども受けつけてくれるようですが、次男は英単語を1つでも多く覚えることにしたそうです。

今のところこんな感じ。

更に休校の長期化の可能性もあるので、学校側はいろいろと模索してくれているようです。

 

 

 

長女の学校は映像授業がある

 

一方、長女の学校。

こちらはスタディサプリではなく、学校の先生達による動画授業が実施されています。

通常の1時限目の開始時間にホームページから授業の動画を開いて、出席ボタンをタップすれば出席になるようです。

 

急な臨時休校のため、新入学生にはiPadが配布されていないことから、スマホやパソコンでも授業が受けれるようになっているようです。

 

動画授業の中で課題が提示された場合は、それをやって提出することになっています。

 

それ以外については、ロイロノート、classiなどを活用して連絡やコミュニケーションをとるようになっています。

 

私立の学校はどこも同じような対応をしているようです。

 

また、主要科目以外についてもどのような対応をするか次男の学校も、長女の学校も検討をしてくれているようです。

 

ただ、次男が言うには、

 

同じ時間に入ってきているクラスメートはそんなに多くないよ。。。

 

とか。

在宅での勉強もなかなか難しそうですね。

 

 

ちなみに次男は、日光を浴びたり、なまった体をほぐすために昨日、家の近くをジョギングしました。

 

早く、登校できるようになるといいですね。

 

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました