「40代で子宝」夫婦の誤算。「老後破産」の現実とはうちのことかも

ひとりごと

こんにちわ。

 

先日、ネットで色々と検索していると、こんなタイトルの記事を見つけてしまいましてドキッとしました。

 

「40代で子宝」夫婦の誤算…「老後破産」の現実

 

今の世の中、結婚しない人も多いらしいですが、結婚するとしても日本ではどんどん、晩婚化が進んでいるようですね。

そうなると、子供が生まれるときの親の年齢も、30歳代後半や40歳代になってからという家庭も多くなります。

 

そういった家庭では、気をつけていないと「老後破産」になるかもしれないとのことです。

 

うちの場合も、半分以上当てはまっています。

次男、長女は40過ぎて生まれていますので。。。

まぁ、それ以前に3人育てることになった時点である意味「破産状態」ですけれどね。(笑)

 

 

スポンサーリンク

40代で子宝はなぜ老後破算につながるの?

 

 

結論から言いますと40代になってから子供が生まれると、色々な面で経済的に油断してしまうというのが良くないらしいです。

 

40歳を過ぎると、正社員であれば会社で管理職になったりして、収入も増加・安定してくる時期です。

するとどうしても、遅く生まれた我が子はかわいい、教育費は惜しみなくつぎ込みたい、それなりに収入に余裕があるから大丈夫と思ってしまうようです。

 

ですが、実際のところ老後資金は計画的に貯めていかないといけなくて、40代を過ぎてから子供が生まれると、老後資金を貯める期間がなくなったり、短かくなったりします。

一般的に子育てをする夫婦には、貯蓄できる時期が2回あると言われています。

1回目は子供が高校までの間、2回目は子供が大学や専門学校を卒業してから定年退職までだそうです。

 

ですが、貯蓄が減る時期である子供が大学や専門学校に入学してから卒業までの教育費のかかる時期が、子供が遅く生まれると後ろにずれてしまい定年退職前後で卒業を迎え、2回目の貯蓄時期を逃してしまうことがあります。

このように子どもの教育費支出が終わるのが定年退職後と言った場合、子どもが小さいうちは比較的余裕があるので、支出全体の実感が薄く、過剰な支出をしている場合も多いようです。

 

もう一つ考えられる原因として、子供が生まれる頃にすでに収入が増えているために、大学などの進学費用を準備してもまだ余裕があり、その余裕の多くを教育費に充当してしまいがちな場合です。

家計に余裕があり、ある程度の貯蓄があると、塾や習い事などにより多くの費用をかけてしまいやすく、中学校、小学校のうちから私立に進学させる選択をするケースも多くなります。

親としては「子どもにしっかりとした教育を受けさせたい」と思うのは自然なことなので、その結果、教育費のオーバーペースになりやすいということです。

 

そして、1回目の貯蓄の時期にあまり貯まらないまま、2回目の貯蓄の時期にも貯められず老後破産の危機を迎えることになるようです。

 

 

 

 

うちも老後破産するかも

 

うちの場合、こういったことを他人事と笑っているわけにはいきません。

 

そもそも3人子供がいて、いろいろな経緯から2人は中学から私立に行っていますし、3人目も中学から私立に行く可能性があります。

もちろん、公立に行ったら行ったで中学生の早い時期から塾通いをしないといけなくなるので公立に進んだ場合は多少余裕は生まれるものの、余裕をもって貯蓄できるとは思えない状況です。

 

うちも子供が大学等を卒業する年齢のころは、ぼくは定年を迎えてる時期ですので、貯蓄できる時期の1回目も2回目もそんなに貯めることができるとは思えません。

 

よって、かなりの確率で老後破算になるんだろうなという覚悟をしておかないといけないと思っています。

 

かと言って、なるようにしかならないとも思っていないので、色々考えたりはしています。

 

たとえば、自分たち(自分も嫁さんも)は定年退職になったあとも、元気で気力が続く限りは何か仕事をして、少しでも収入を確保するつもりでいます。

アルバイトでもパートでもなんでも働ければと今は思っています。

 

定年退職後は、のんびりと過ごしたい。。。というのはもともとあまり考えてないって言うのもあります。

 

そして、子供にもいくつかお願いしていることがあります。

ひとつは塾には基本的に通わせる余裕がないので、ちゃんと学校で勉強してくるようにということです。

幸い、私立の場合は授業にちゃんとついて行けばそれなりの学力はつきますし、わからないところはいつでも先生に質問に行ける体制を学校側も作ってくれています。

あとは本人の頑張りしだいです。

 

ふたつめは、大学はできるだけ国公立に行ってほしいということと、場合によっては奨学金の利用も考えないといけないということは覚悟しといてねということです。

正直3人もいると、どうしてもギリギリの計画しか立てられないので、想定していなかった支出については都度考えるしかないんですよね。

どこかの時点で、危険水域に入りそうな予感がしたら迷わず、奨学金を利用するよということは子供たちに伝えています。

できれば、子供に負担を負わせたくないのですが、場合によっては仕方ないことと思っています。

 

みっつめは、大学生になったら可能な範囲でできるだけバイトをして、自分の小遣いと勉強に必要なものは賄ってほしいということを言っています。

これは、社会勉強も兼ねてという部分もあるんですけれど。

その一方で、バイトに精を出し過ぎて、勉強をおろそかにしてほしくないということも言ってます。

 

こんな感じで最悪の事態にならないようなリスクヘッジだけを考えて、あとは日々日々頑張るしかないかなぁと思っています。

 

 

さて、老後破産の話にもどりますが、結局のところしっかりと家計管理ができているかがやっぱり鍵なんだと思います。

いくら、子どもが遅い夫婦は老後破産の可能性が高いと言っても、あくまでその傾向があるというだけで、そうならない家庭も多いはずです。

 

教育費の準備をしながらも、同時に自分たちの老後資金を貯める必要を認識し、もし、自分たちの老後資金が不足した場合は、結局は子どもに負担をかけてしまうことを承知しておくことが必要ですね。

 

余裕があるからと、あまりにレジャーや娯楽のようなものに費やさないよう気を付けると同時に、過剰に子供に教育費をつぎ込んでいないかとか、教育費の費用対効果はどうかを冷静に判断するようにしたいですね。

 

その一方で、単に子供を早くもうければいいという訳でもないですよ。

仕事の状況や経済的な要因、結婚の時期や夫婦二人の出会った時期など、子どもに恵まれる時期は、さまざまな要素が影響してきます。

仮に子供が生まれるのが遅かったとしても、老後破産にならないように普段から気を付けておくことが必要。。。ということですね。

 

節約はできるかぎり、貯蓄はできるときに
こんにちわ。 節約と貯蓄。。。ぼくにとっても嫁さんにとってもかなりの努力が必要です。 というのも二人とも、どちらかというと浪費家傾向にあります。(笑) ぼく自身、子供の頃から結婚するまで貯金がちゃんとできたことがあ...

 

 

うちの場合、老後破産も心配ですが、「まわりのお父さんより、オジサンなのが嫌やから、授業参観には来ないで」と長女に言われることも深刻な悩みです。

 

最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました