次男、高校1年2学期。夏の終わりの新人戦。

次男高校1年

こんにちわ。

 

うちの次男、中高一貫校に通う高校1年生です。

そして、部活は運動部。

武道系で弓と矢の部活です。(笑)

 

ところで高校に進学したこの年は年初から新型コロナの影響で臨時休校が続き、部活も同様に何か月もオフ状態。

部活が命の次男は鬱々とした日々を過ごしていました。

 

 

スポンサーリンク

高校生になって本格的に

 

もちろん、それまでも時間の許す限り次男は部活に行っていたので、一区切り。。。と思えばいいと思うのですが本人にとってはまったくそうは思えないようで。。。

 

中学生の時の部活はある意味、本格的な部活というよりは学校教育の延長のような部分もあったようです。

思い返してみると確かに、中学の時の部活は試合は年に数回といったところでしたし、普段の練習は体操服でやることも多かったように思います。

 

それが高校生になると、1,2か月に1回ぐらいのペースで試合があるとか、ないとか。。。

普段の練習もほとんど道着と足袋を使うようになっています。

 

高校生になって本格的になると、更に次男はのめりこんでます。(笑)

そんな訳で帰宅時間もこれまでよりも30分ほど遅く帰ってくる日が増えました。

 

そんな次男の部活生活ですが先日、高校生になって初めての本格的な試合がありました。

 

ちなみにそれ以前には他校との練習試合が1、2回あったようですが公式の試合は初めてです。

 

今回は阪神間の「新人戦」

年度が替わって新しいチームの初めての試合ですね。

 

 

 

そして、新人戦の結果は

 

次男の部活はちょっとレアな部活。

公立の中学校ではなかなか見かけない部活です。

阪神間の試合でも多くは私立中学校が出場していました。

 

ですが、高校生にもなると公立高校でも部活がある学校が増えます。

なので、大会の出場校も増え、入賞するのも難しくなるという話を以前、次男は話してくれたことを記憶しています。

 

さて、今回の新人戦。

次男は高校1年生ですが個人戦も団体戦もエントリーされています。

次男の学校は部員数が多いのですが、今回は団体も普段よりも多くエントリーしていて高校1年生もほとんど出場できるとか。

次男はCチームでした。

 

そして、試合当日。

帰宅後、結果を訊きました。

 

帰宅した時から、ブスッとしていたのでなんとなくわかりましたが。。。

 

個人戦は入賞できんかった。

団体戦も優勝できず、2位やった。。。。

 

とメダルを見せてくれました。(笑)

 

学校の先生からは、

 

(次男の名前)、お前って実力はあるけど、試合ではかならず何かやらかして、実力出せたことがないよな。(笑)

 

と言われているそうです。

まぁ、部活なので本人が楽しく充実した時間を過ごしてくれれば、いいですけれどね。

 

 

 

次は近いうちに、遠的(的の位置が遠い)の試合があるそうです。

この試合は次男の部活でも出場者が絞られますが、なぜか、次男はエントリーされたんだとか。(笑)

 

早速、長男が高校生の時に購入したのに全く使っていない遠的用の矢を譲り受けていました。

また次の結果も楽しみです。

 

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました