兄弟3人とも中学受験、うちの生活レベルは高いのか?

中学受験

 

こんにちわ。

 

このブログでは、子供3人の中学受験や学校生活について書いています。

兄弟3人(長男、次男、長女)を中学受験させるなんて、裕福な家庭じゃないとできないんじゃないの?って普通思いますよね。

 

今回はその話を。。

 

うちは実際のところ、普通のサラリーマンです。

決して、お医者さんや弁護士さんのように高収入を得ているわけではありません。

また、大企業に勤めているわけでもありませんのでいたって普通のサラリーマンの平均収入です。

親の支援も当てにできる環境でもありません。

 

そのため正直言って、上の2人が私立中高一貫校に行っている今の状態ですでに家計についてはギリギリの状態。

実際のところ、日々お金のやりくりについては頭を悩ませつつなんとか頑張っています。

 

でも、3人目の長女が私立に行きたいと言えば、できれば行かせてやりたいと思っています。

そのためにはどう家計をやりくりすればいいか、今一生懸命考えています。

 

スポンサーリンク

なぜ3人とも私学を目指すのか

 

もし、長男が公立中学に進んでいれば確実に次男も公立中学に行っていたと思います。

長女だけは女の子なのでもともと公立/私立行きたい方に行かせてやろうと思っていましたが。。。

 

うちでは、経済的な問題はありますが、まずは子供たちの気持ちや兄弟間での公平感を大事にしたいと思っています。

 

もちろん、私立に行くからにはその理由だったり、本人の頑張り具合だとか、そういうものもあるので、一概に長男が私立だから、次男も私立へとは言えないんですけれどね。(笑)

 

もともと、自分も中高と私立だったので、私立に通わせることや電車通学させることに関して抵抗はありません。

経済的に許されるならば、子供には公立/私立問わず、行きたい中学に行ってもらいたいと思っています。

 

でも確実に家計が破たんすることが明白なら、子供を私立に通わせるのはやめた方がいいですよね。(笑)

公立には公立のいいところはもちろんあるので、最終的にはお財布と相談することが大切ですよ。

 

よければ、下の記事も参考にしてください。

 

 

中学受験と教育投資のバランス
こんにちわ。ピ輔です。 中学・高校と私立にいくと気になるのがお金のことです。 中学受験にかかったお金について、中学受験費用と合格後に私立中高一貫校に通う費用に分けて振り返って考えてみたいと思います。 中学受験をさせるか否か...

 

 

私立中高一貫校と教育投資のバランス
こんにちわ。ピ輔です。 中学・高校と私立にいくと気になるのがお金のことです。 中学受験にかかるお金について、中学受験費用と合格後に私立中高一貫校に通う費用に分けて少し考えてみたいと思います。 今回は私立中高一貫校にかかる費...

 

 

ところで、文部科学省「平成24年度子どもの学習費調査」によると、校外学習費含む平均学費ですが、

中学校3年間

公立 135万円 私立 388万円

高校3年間

公立 115万円 私立 290万円

らしいです。私立に通わせるとかなりの負担となります。

 

 

そのために努力していること

 

普通の家庭でしかない、うちの場合はそれなりの努力をしないとやっていけないということです。

少なくも、出費をできるだけ抑えています。

 

家族で出かけるのは、小学校低学年まで

 

家族で出かけるのは、基本的に小学校低学年までで辞めました。

最近では嫁と長女は二人で出かけますが、家族全員で出かけることはなくなりました。

でも、小学校低学年まではそれまでにやらせておきたいお出かけはできるだけやりましたよ。

公園遊び、プール、川遊び、海、山、ピクニック、スケート、スキー、遊園地、動物園、水族館、博物館、美術館。。。

たぶん、家族の思い出はそれなりに作れたと思います。

 

 

高価なものは基本、買わない

 

幸い、と言っていいのかどうかわかりませんが家族全員、高級ブランドには興味がありません。

多少、嫁さんは服のブランドや化粧品にはこだわりますが、それも格段高級なものではありません。

 

普通に今の生活レベルにあったブランドで自分の気に入ったものを買うようにしています。

 

また、クルマに関してもこだわりがないので、普通に国産車に乗っていますし、できるだけ長く乗るようにしています。

 

 

最近は旅行も行かない。遊園地も基本行かない

 

長男が小学校を卒業するまでは、毎年旅行に行っていましたが今はぱったり行かなくなりました。

と、いうか行けなくなりましたね。。。

5人で行くとなると、旅行代がとてもかかります。

そのため、ピ輔は旅行にいくことはなくなり、嫁さんと子供たちは年に2回ほど帰省するという感じになりました。

 

外食を減らす

 

外食もかなり減らしましたね。逆に、数年前まではかなり多かったように思います。

 

特に昼間の外食に家族全員で行くことは皆無になりました。たまに夜は家族で外食には行きますけれど。

長男、次男ともに学校が忙しく、土曜日も学校が普通にあるのでそれが当たり前になってきた感じですね。

 

その他にも、小さな節約を色々とやっています。それでなんとか家計をまわしているといった感じです。

 

 

ちょっと、今になって後悔していること

 

こんな感じでやっているので経済的に厳しいことは厳しいのですけれど、精神的に苦しくてということはありません。

普通の節約家族に変身した。。。ただ、そんな感じで今はやっています。

 

今後、長女は私立受験をするのか、公立に行くというのか、いずれ本人が決めることになると思いますが、私立受験すると言われたら、更に節約生活について考えないといけないかなぁと思っています。

 

節約生活はいいんですが、ただ、今になってちょっと後悔していることがあります。

 

うちの場合、ぼくが30代の後半になってから子育てが始まりました。

じゃ、それまで何をしていたのか?って聞かれると。。。

自分の趣味やレジャーで結構、お金を浪費していました。貯金もほんとしてなかったです。

 

今になって、子供にこんなにお金がかかるようになるとは、想像もしていませんでした。

若かりしあの頃、もう少し我慢して貯蓄していればと。。。反省しています。

 

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました